銀次朗(ロシ)雉志朗(スコ)と 。。。 の日常
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転院以来、銀次朗は落ち着いているみたい。
相変わらず療法食はトッピングなしでは殆ど食べてくれないし
ウェットフードはシリンジの強制給餌でないと食べないし
弟の雉志朗専用ダイエットフードを少し食べる程度ではあるけども。


輸液をした後の銀次朗の状態が今までと違う気がする。
今までのシリンジだと輸液してすぐには私たちに近づかないというか
しばらくしんどそうというか。
それが今は輸液してすぐに「お腹空いたー」って言ってくれたり
フツーにいつものお気に入りナイキ箱に入ってくつろいでいたり。
ナイキ箱でおおあくび


このナイキ箱は
この頃から…
もう2年も愛用してて修復しつつ使っているけど結構ボロボロ…。
でもこの箱しかダメなのよねぇ。


銀次朗と雉志朗がフツーにしてくれる。
それだけでホントこんなに幸せなんだなー。
コメント
この記事へのコメント
落ち着いて良かったねぇ。
まさにうちのドンチャンと同じだったから思い出しちゃった。
どんちゃんは16歳だったけど明日1周忌だ。
銀次朗ちゃんは良くなってほしいな。
輸液パック チン出来るの知らなかったわ。毎日お湯で温めてたわ。
2011/06/17(金) 06:49 | URL | nanako #-[ 編集]
いいカンジ!!
嬉しいね~ 嬉しいね~v-442

前回の んち画像はとっても参考になりましたよ!

ほんとに普通に過ごせるってのは幸せだね♪
2011/06/17(金) 20:17 | URL | ろしよん #-[ 編集]
>ななこ姫
そうかー、ドンチャンは16歳なら大往生になるのかな。
でもまだ1年くらいなら思い出して寂しくなるよね。

銀次朗、ほんとあのギリギリから考えたら
奇跡のような復活してるよ!
輸液パックがチン出来るのは
色々なブログを参考にして知ってたけど
今回かかった猫専門の先生のとこは
小さな診察室にレンジがあって
輸液の患畜がきたら先生自らチンするみたい。
2011/06/18(土) 17:42 | URL | まめ #3dKGXJDE[ 編集]
>ろしよんさん
あの画像が参考になったとな!
それは良かった…ちょっと躊躇したのよね
コロンコロンとした画像じゃなかっただけに。

ヒドイ時を超えると普通がいかに
有り難く幸せなのかわかるよね。
人間はすぐにそれを忘れちゃうんだけども…。
2011/06/18(土) 17:43 | URL | まめ #3dKGXJDE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2nyanko.blog15.fc2.com/tb.php/240-a92a8cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。