銀次朗(ロシ)雉志朗(スコ)と 。。。 の日常
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月10日にしんどくて「あかん、もう限界だー」と病院に行って
「お薬飲んで安静に」と言われた風邪っぴきな私。
そしてその翌日の11日が第62回正倉院展の最終日。


「先週見た 螺鈿紫檀五弦琵琶 綺麗だったな、もっかい見たいな。
次見られるのは最低でも10年以降は先とかどっかで聞いたし。
今日なら行こうと思えば今から行ける。
今日までなんだし行けるのに行かないと後悔するかも…」
とモヤモヤしてた気持ちを吹っ飛ばし
ゲホゲホとマスクして今度は1人で奈良に行って来た。


昼前に「行こうかな」と悩んでる時から
読売新聞のサイトで逐一混み具合をチェックしてたけど
最終日は避ける人が多いのか、平日だからなのか
前日までと比べて空いている&快晴。
これはもう行くしかないと。



今回も電車で普通に座って寝てる間に奈良到着。
もう道もわかってるし(迷いようがないくらい一本道)
s_IMG_2012.jpg
無事に1人でも到着。



先週来た時(3日)は人が多すぎたのかぜーんぜん見かけなかった鹿たちも今日はいっぱいいる!
s_IMG_2015.jpg
鹿せんべいを買ったが為に鹿に取り囲まれ悲鳴をあげて
ジャージ姿の中学生?達に鹿せんべいを譲って逃げている女性もいた。
あのお姉さん「噛まれた-、むかつく!」って言ってたなぁ。


私は手ぶらなので全く人気なし。
s_IMG_2006.jpg
ベー だ。


館内も思ったより混雑してなくて琵琶以外のショーケースは大抵簡単に見られた。
琵琶を最前列で見る為の行列も以前よりずーっと並ぶ時間が短くて
2回並んでじっくりじっくり見た(今回も立ち止まったらダメなのが残念)。
昭和27年に録音されたという螺鈿紫檀五弦琵琶の開放弦の音色も
ゆーっくりと聞いて堪能して奈良国立博物館を後にした。



出口付近にヒマそうな鹿がいたので2ショット撮ったら
iPhone縦持ちだったから顔が半分ずつになっちゃった…。
s_IMG_2183.jpg



こんなに近くにいても、触っても(意外と毛が固かった)
何もされなかったから安心してたけど
帰り道にこんな看板発見。
s_IMG_2188.jpg
高齢者とお子様は気をつけないとダメなのね~。



すっごく楽しめて本当に満足したんだけど
結構頑張っちゃったせいか風邪がちょっとひどく…ゲホゲホ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2nyanko.blog15.fc2.com/tb.php/220-0274418c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。