銀次朗(ロシ)雉志朗(スコ)と 。。。 の日常
登場ニャンぶつ
☆銀次朗☆   ロシアンブルー

☆雉志朗☆   スコティッシュフォールド(立ち耳)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒さがぶり返したせいか

雉志朗が銀次朗から離れません(*´艸`)。
スポンサーサイト
腎不全、そして小食が故に毎日強制給餌される銀次朗。
基本がツンデレなので多少は嫌がっていても
実はお腹が空いてて食べたい時もある。
本当に嫌がっている時もある。
見極めが難しい。


肉球が冷えないように座布団の上に座った銀次朗に
ダンナがシリンジで強制給餌する。
1本終わってもまだ食べたい、食べ足りないって時は
座布団から動かずそのままおとなしく待機。
が、本当に「もう要らニャ~」って時は座布団から逃げ出す。


逃げ出す時に銀次朗は
「そーっとそーっとゆっくり動けば、逃げてもお父さんにはバレない」
と思っている節があるようで。

毎回これを見る度に可愛くて笑えてしまう。
猫ってこんなにゆっくり動く事があるんだねー。
銀次朗が逃げる際、もちろんダンナは動いてはいけない。
だって「ゆっくり逃げれば気づかない(フリ)」んだもん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。