銀次朗(ロシ)雉志朗(スコ)と 。。。 の日常
登場ニャンぶつ
☆銀次朗☆   ロシアンブルー

☆雉志朗☆   スコティッシュフォールド(立ち耳)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お陰様で銀次朗は一ヶ月前の危険な状態からは
想像出来ないくらい元気に過ごしてます。
そろそろ頂いた輸液の点滴パックが終わりそうなので
後1回輸液したらまた病院にパック頂きに伺わねば。



そこで、元気になった銀次朗のトイレ風景をご紹介!(要らん?)
トイレは真顔
本来正面を向いて使うべきおまるトイレだけども
銀次朗はオシッコの時だけ正面を向かない。
ウンチの時、そして雉志朗はどっちでも正面を向いて使う。



銀次朗は我が家に来たときからこのおまるトイレだったから
最初は正面向いてたんだと思うんだけど
気づいたら明後日の方向向いてオシッコするようになってた。
キジはサイズ的な問題で正面しか向けません。
そしてキジはウンチの時、顔は正面で体は微妙に斜めに向けるので
ウンチが大多数スノコ部分に乗るという…(⊃Д`)。
トイレ中は銀もキジも真顔です




ところで、今週最終回を迎えるドラマの「JIN-仁-」ですけども
うち夫婦は1stシーズンを丸っきりスルーしてしまい
2ndシーズンから録画し始めたものの、2ndの1話を見ても良く話がわからないので
友達に頼んで1stシーズンを見せて貰ってやっと2ndの1話を見終わった所!(超遅)
そして夫婦揃って激ハマりしてしまい毎話見る度に号泣するヘンな夫婦。



でもって近所のお店は潰れちゃったからちょっと遠いセブンイレブンで買って来ました
安道名津さん
仁先生(+咲様)考案の脚気に効く薬、安道名津。


あまりに遅かったので橘家のお弁当は発注も終わっていて食べられず…。
セブンイレブンの店長をしている友達が
「弁当旨かったよ、2個食って丁度くらいのボリューム」と言ってた。
揚げ出し豆腐は割と普通で「鯖とつくねが旨かった」らしい。
(*゚д゚)キー!!となりながら安道名津を食べたらオイシー!


ミス○ードー○ツよりお茶に合いそうなこの安道名津が私は好き。
セブンイレブンさん、定番化してちょうだいー!
スポンサーサイト
銀次朗がずううううーーーっとお気に入りの
ナイキの靴が入っていたオレンジ色の箱。
銀次朗は箱がなくてもお風呂場の足ふきの上にいる事が多いので
きっとそこがお気に入りの場所なんだろうと
普段は足ふきの上に置かれているけど
私やダンナがお風呂に入る時は移動させちゃう。



今回は玄関に移動。
ボクが!
ナイキ箱に入った銀次朗をナイトのように守る雉志朗。


兄ちゃんはボクが守るから!と言わんばかりのこの眼力。
ボクが守るよ!
頼もしい弟の後ろでくつろぐ銀兄ちゃん。



お風呂から上がったら…
なーんてね
キジたん、お前の目的は箱だったんかい!



キジは、銀が本当にヤバイ状態の時
キジから銀は見えるけれど
決して銀に触れず邪魔にならない距離に
常にいて銀兄ちゃんを見守っていた。
本当に本当に銀兄ちゃんが大好きなんだと思う。


今は大好きな銀兄ちゃんとじゃれて喧嘩もどきをして
蹴り蹴り出来るくらいになって嬉しそう。
良かったね、キジたん!
転院以来、銀次朗は落ち着いているみたい。
相変わらず療法食はトッピングなしでは殆ど食べてくれないし
ウェットフードはシリンジの強制給餌でないと食べないし
弟の雉志朗専用ダイエットフードを少し食べる程度ではあるけども。


輸液をした後の銀次朗の状態が今までと違う気がする。
今までのシリンジだと輸液してすぐには私たちに近づかないというか
しばらくしんどそうというか。
それが今は輸液してすぐに「お腹空いたー」って言ってくれたり
フツーにいつものお気に入りナイキ箱に入ってくつろいでいたり。
ナイキ箱でおおあくび


このナイキ箱は
この頃から…
もう2年も愛用してて修復しつつ使っているけど結構ボロボロ…。
でもこの箱しかダメなのよねぇ。


銀次朗と雉志朗がフツーにしてくれる。
それだけでホントこんなに幸せなんだなー。
2010年8月31日に慢性腎不全が発覚して以来
2,3日に一度自宅で輸液を続けてきた銀次朗。

その銀次朗が5月24日辺りから突然水のような下痢をして
それから坂道を転げ落ちるように体調を崩していった。
かかりつけの動物病院へ水のようなウンチを持って行き
検査の結果カンピロバクターが増えていると言われて
クロロマイセチンという抗生物質を貰った。

投薬は続けたものの当初は少しあった食欲が
食べても全て下してしまううちに全くなくなり
一度に7回も連続して吐く程になりどんどん衰弱して
5月末には食べ物はおろか水すら受け付けなくなった。
血液検査の結果はBUNが過去最悪で吐き気が相当強いのだろうと思われた。



銀次朗は普段は私のベッドで一緒に寝る事が多いけれど
体調が悪い時だけはダンナのベッドに行ってうずくまる。
それは多分雉志朗はダンナのベッドには滅多に行かないから
しんどい時は1人になれるからだと思う。
雉志朗は銀兄ちゃん大好きでやたらと絡むから。。。

でも今回は(ロフト)ベッドのはしごを上がる元気もなく
トイレに行く足もフラついていて目にも覇気が無い
これはもう…本当にいよいよかもしれない と覚悟するしかなくて
ぐったりしている銀次朗を撫でながら私は泣いた。
ブログもやめようと思っていた。

以下
グロ画像(ウンチ画像)もありますので見たくない人は見ないでぇぇぇ!



[一時は覚悟した]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。