銀次朗(ロシ)雉志朗(スコ)と 。。。 の日常
登場ニャンぶつ
☆銀次朗☆   ロシアンブルー

☆雉志朗☆   スコティッシュフォールド(立ち耳)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛用のコンデジが調子悪いわーと言ってたら
弟が「使おうと思って買っといたデジカメやけど
姉ちゃん(11月生)と兄ちゃん(=ダンナ 12月生)の
誕生日プレゼントにあげるわ」と送ってくれた。

ただ、このおニューなデジカメは光量がやたらと必要らしくて
静止画も室内だとノイズのりまくりでちょっと厳しい。
室外で使う用途向きなのかもなぁ。
でもハイスピード動画の撮影なんぞが出来るそうで
これは楽しそうだと早速使って見た。



私の部屋で夜、蛍光灯の下だとこんなに暗い。

もちろん静止画だとこんなに暗く写らないんだけど
ハイスピードの動画撮影ってすっごい光が必要なのねー。




日中の太陽光が窓から差し込む私の部屋だとこのくらい。

やっぱりノイズが多いかなー?
というか、銀はハンター能力が低い…の?





今度はサンルームで撮影してみた。
さんさんと太陽光が降り注ぐ中なのでノイズも少なめ。

昨日も今日もあんまりご飯食べてくれてない銀次朗だけど
しょぼタワーに元気に飛び乗った。
筋肉の動きとか良くわかるわー。
このカメラでハイスピード動画撮影しようと思ったら
サンルームor晴れた屋外が良さそう。




同じくサンルームのしょぼタワーにて。
キジはじゃらしをくわえたらなかなか離さない。

銀兄ちゃんよりは腕のいいハンターだね。
スポンサーサイト
ろしがよんと言えば
銀次朗の両親と兄弟(妹)たち満載のブログ。
そのブログ主のレオン?さんから
闘病する銀にとプレゼントをいただいた。



銀は専用に買ったばかりのソフトあんかの上で爆睡している…
s_IMG_2252.jpg
銀、寝てるとこスマンがプレゼントいただいたから撮影させてね。
材木相手にこんな細かい隙間が開けられるもんなんだねぇ。
銀次朗、雉志朗ってマジックで書いても隙間がつぶれるくらいなのに!




これなに?
s_IMG_2253.jpg
銀の本当のお母さんやお父さん、兄弟の
パワー(と匂い)が込められたお守りだよ~♪



お母さん…お父さん…
s_IMG_2255.jpg



枕にして寝ちゃった。
s_IMG_2257.jpg
安らぎの香り?



キジたんにも貰ったんだよー



って
s_IMG_2260.jpg
食ってた。
11月10日にしんどくて「あかん、もう限界だー」と病院に行って
「お薬飲んで安静に」と言われた風邪っぴきな私。
そしてその翌日の11日が第62回正倉院展の最終日。


「先週見た 螺鈿紫檀五弦琵琶 綺麗だったな、もっかい見たいな。
次見られるのは最低でも10年以降は先とかどっかで聞いたし。
今日なら行こうと思えば今から行ける。
今日までなんだし行けるのに行かないと後悔するかも…」
とモヤモヤしてた気持ちを吹っ飛ばし
ゲホゲホとマスクして今度は1人で奈良に行って来た。


昼前に「行こうかな」と悩んでる時から
読売新聞のサイトで逐一混み具合をチェックしてたけど
最終日は避ける人が多いのか、平日だからなのか
前日までと比べて空いている&快晴。
これはもう行くしかないと。



今回も電車で普通に座って寝てる間に奈良到着。
もう道もわかってるし(迷いようがないくらい一本道)
s_IMG_2012.jpg
無事に1人でも到着。



先週来た時(3日)は人が多すぎたのかぜーんぜん見かけなかった鹿たちも今日はいっぱいいる!
s_IMG_2015.jpg
鹿せんべいを買ったが為に鹿に取り囲まれ悲鳴をあげて
ジャージ姿の中学生?達に鹿せんべいを譲って逃げている女性もいた。
あのお姉さん「噛まれた-、むかつく!」って言ってたなぁ。


私は手ぶらなので全く人気なし。
s_IMG_2006.jpg
ベー だ。


館内も思ったより混雑してなくて琵琶以外のショーケースは大抵簡単に見られた。
琵琶を最前列で見る為の行列も以前よりずーっと並ぶ時間が短くて
2回並んでじっくりじっくり見た(今回も立ち止まったらダメなのが残念)。
昭和27年に録音されたという螺鈿紫檀五弦琵琶の開放弦の音色も
ゆーっくりと聞いて堪能して奈良国立博物館を後にした。



出口付近にヒマそうな鹿がいたので2ショット撮ったら
iPhone縦持ちだったから顔が半分ずつになっちゃった…。
s_IMG_2183.jpg



こんなに近くにいても、触っても(意外と毛が固かった)
何もされなかったから安心してたけど
帰り道にこんな看板発見。
s_IMG_2188.jpg
高齢者とお子様は気をつけないとダメなのね~。



すっごく楽しめて本当に満足したんだけど
結構頑張っちゃったせいか風邪がちょっとひどく…ゲホゲホ。
先月ホールドベッドの事を書いた時
まだそんなに寒くないのにと思ったんだけども
最近はめっきり寒くなってきたねー。
エアテックひざかけ出しちゃったよ。


銀とキジはどうしてるかとホールドベッドの方を見ると
s_IMG_1898.jpg
こんな事になっていた。

いやいやいや、そこはお一人様用じゃない?
兄弟揃って入ると狭いっしょ?
どう見てもキジが押しかけてギューギューな感じですけども…。
銀が困ったような顔をしてるじゃん。



とか思ってたら

なんだ ┐(´ー`)┌ らぶらぶかよ。
この時のキジは大音量でゴロゴロ言いっぱなしでしたとさ。
高校生だったか、日本史の教科書に載っていた
螺鈿紫檀五弦琵琶の写真を見た時から、
いつか本物が見てみたいと思っていた。
正倉院展は行こうと思えば行ける距離なのに
いっつも忘れてて開催期間が終わってた。


そして今年の正倉院展で公開される宝物に
何と19年ぶりであの琵琶が入っていると知り
今年こそ!と思いつつまた忘れかけていたけれど、
ダンナと知り合って数十年、
その間に何度も私は昔から螺鈿紫檀五弦琵琶が
好きなんだ、見てみたいんだと折に触れて言い続けていたので
ダンナが11月3日に行こうと言ってくれた。




電車で1時間ちょいで奈良。
座れたので寝てたらすぐ着いた。



ありがたい事に快晴、絶好のお出かけ日和。



午後から行ったので思ったより混雑してなかったけど
入場の待ち時間よりも
螺鈿紫檀五弦琵琶を最前列で見る為の
行列に並んでる時間の方が長く感じた。



それでも長年夢にみた本物の五弦の琵琶。
世界に一つしか現存してないらしい五弦の琵琶。
間近で見ると大きいしすっごい綺麗だし
とてもそんな昔の物とは思えない保存状態の良さ。
正面と裏側は写真でよく見るけど
横とか先のネック部分とか
細部まで見られて感動した。
もう今回逃したら次はいつかわかんないし
本当に行って良かったなぁ。


自分用にお土産も沢山買った。



当然琵琶の柄の物以外は眼中にナシ。



特にこの2つは一目惚れに近かった。

手鏡とコンパクトミラー。
手鏡は家で、コンパクトミラーは持ち歩くんだーヽ( ´ω`)ノ。
ホログラムっぽい色で「らしさ」が出てて(・∀・)イイ!なー♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。